ZPRINT コマンド

M言語プログラミングブック (Page 208) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

コマンド

ZPRINT “ルーチン” は、ラベルを開始位置と終了位置から、ソースコードの行を出力します。

ZPRINT <position1>:[position2]

Position1 is given as a label to start at, possibly with an offset.、、、

ポジション1 は、オフセットで開始するラベルを与えます。ポジション2(オプション)は終了する場所です。ポジション2が提供されていない場合、ポジション1の行だけを出力します。

ここでは、 “HelloWorld1”という名前のルーチンで、このコマンドの一つ典型的な使い方は、次のとおりです。

GTM>zprint fib^helloworld1
fib ; fibonacci

GTM>zprint fib^helloworld1:fib+5
fib ; fibonacci
 s a=1 w a,!     s b=2 w b,!     for i=1:1:100 do
 . s c=a+b w c,!     . s a=b s b=c

GTM>zprint fib+-5^helloworld1:fib
 for i=1:1:10 do
 . write i

 . write "--",!     quit

fib ; fibonacci

Table Of Contents

Previous topic

ZLINK コマンド

Next topic

Functions

This Page

inserted by FC2 system