ZEDIT コマンド

M言語プログラミングブック (Page 208) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

コマンド

ZEDITは編集用に指定されたファイルを開きます。異なるエディタがGTM用のEDITOR環境変数で指定されていない限り、ZEDITはデフォルトでは vi でファイルを開きます。

ZEDIT "file"

コマンドは、次のように省略することができます:

ZED "file"

GTM>zedit "helloworld"

GTM>zed "fibonacci"

代替として、文字列リテラルを含む変数は、ファイルの引数として使用できます。

GTM>Set name="myFirstRoutine"

GTM>zedit name

ZEDITでルーチンを編集する毎に、編集後に、再度コードを実行する前にZLINKでそれを再リンクする必要があることに注意してください。それ以外の場合は、コードの変更はファイルシステムで行われますが、 ZLINK コマンド を起動するまで、コードはメモリに読み込まれていません。

関連事項

Table Of Contents

Previous topic

XECUTE コマンド

Next topic

ZLINK コマンド

This Page

inserted by FC2 system