XECUTE コマンド

M言語プログラミングブック (Page 179) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

解説

X[ECUTE] コマンドは、Mコードとして、その引数を実行します。引数として、それに与えられたコードを実行するためにMスタックを使用します。例

XECUTE "WRITE ""HELLO WORLD"""

上記のXECUTEコマンドは、 “Hello World” と出力されます。XECUTEへの最初の引数はMコマンドの “Write” で、2番目の引数は “write” コマンドが出力すべきメッセージです。

この例の他のバリエーションは、

      SET X="HELLO WORLD"
XECUTE "WRITE X"

上記の例でも、また、 “Hello World” を出力します。XECUTEコマンドは、引数として、Mコードの “WRITE X”を引数として取得し、このコードを実行します。

そして、もっと興味深いのバリエーションは

      SET PROG="WRITE ""HELLO WORLD"""
XECUTE PROG

変数内にルーチンのコードを入れて、次にその変数に格納されているコードを実行することを、Mではそれが容易であることを、この例で示しています。

この例のもう一つのバリエーションは、XECUTEコマンドで数値演算子を使用することです。例えば,:

XECUTE "WRITE 2+2"

これは、値4を出力します。

一つは、Mがコマンドを実行するかどうかを制御するオプションの “真理値”を指定することもできます。XECUTEコマンドの構文は次のようになります:

XECUTE:truth_value_expression expression[:truth_value_expression][,....]

Table Of Contents

Previous topic

WRITE コマンド

Next topic

ZEDIT コマンド

This Page

inserted by FC2 system