WRITE コマンド

M言語プログラミングブック (Page 39-42) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

解説

W[RITE]

W[RITE]: (variable|*variable|formatting)

引数:

次のいずれかでなければなりません:

  • 変数
  • 文字列のリテラル
  • formatコマンド
  • *変数 W [RITE]

引数が変数または文字列のリテラルである場合、これらは、変数$IOによって定義されたか、または、USE コマンド によってセットされた、現在の出力デバイスに書き込まれるようになります。

書式設定コマンドは、カーソルがテキストに書き込む前後に操作されようとしている方法を制御します。

引数が、* 記号が付け加えられた数式である場合、式はASCII値として使用され、そして、WRITEコマンドは、そのASCII値に対応する文字を出力します。

WRITE "Hello ",YOURNAME,!
WRITE \*65

これは、ASCII値65に対応した文字であるAの文字を出力します。

Table Of Contents

Previous topic

USE コマンド

Next topic

XECUTE コマンド

This Page

inserted by FC2 system