USE コマンド

M言語プログラミングブック (Page 161) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

コマンド

USE[:tvexpr] expr[:(keyword[=expr][:...])][,...]

解説

デバイスまたはファイルをオープンした後に、ユーザは、 READ または WRITE ステートメントでそれらが作用したいデバイスを指定する必要があます。Mが使用するターミナルベースのよぅな相互にやりとりのあるシステムのために、1つ以上のファイルまたはデバイスのオープンすることは、作用するかどうかを指定するという点で、多義の状況をクリエイト(creat:UNIXシステムコール)することができます。USE コマンドは、作用すべき現在のデバイスと唯一のデバイスを指定する特殊変数 $IO を介してこれを修正します。

ログイン時に、現在のデバイスは、0にセットされている $IO でターミナルとして初期化から始まります。異なった現デバイスへ切り替えるには、 USE コマンドを実行しなければなりません。

USE が呼び出される毎に、 $IO は指定されたデバイスに設定されています。

USE は、省略形 U で起動することもできます。

USE 1 WRITE RECORD は、デバイス 1に 変数RECORDの内容を書き出します(オープンされた時に指定され、それはドキュメントやプリンタなどでしょう)

USE 0 WRITE RECORD ;  は、ターミナルであるデバイス0に、出力を書き出します。

U 1 READ RECORD  ; デバイス1から変数RECORDにレコードを読み取ります(例:ドキュメント、または、他の入力ファイル/デバイス)。

Table Of Contents

Previous topic

SET コマンド

Next topic

WRITE コマンド

This Page

inserted by FC2 system