QUIT コマンド

M言語プログラミングブック (Pages 103) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

解説

QUIT VALUE

QUITは、現スタックの実行を終了し、制御を戻します。

FORループで使用する場合は、ループの実行を終了します。

LABEL1
 WRITE "Patient Name",NAME,!
 WRITE "Address",ADDRESS,!
 QUIT

WRITE "Send to execute",!
DO LABEL1

WRITE "Returned from action",!

DOコマンドは、LABEL1によって示されたコードの実行を開始します。LABEL1に続くコードの行は順番に実行され、QUITが発生したとき、制御は呼び出し元のコードに戻ります。

FOR I=1:1 DO  QUIT:I>7
. WRITE " I= ",I
. WRITE " I Square= ",I*I,!

DOとQUITの間には、2つのスペースがあることに注意してください。

Table Of Contents

Previous topic

OPEN コマンド

Next topic

READ コマンド

This Page

inserted by FC2 system