KILL コマンド

M言語プログラミングブック (Page 78) [WALTERS1997]GT.Mプログラマーズガイド から引用

KILL [:bool] var1[,var2][,(ex1,ex2)]

解説

KILLは、その最も基本的なレベルで、その引数で指定された変数を削除します。

KILLは、オプションで、排他的なリストや条件や複数の引数で使用されます。さらに、すべてのローカル変数を削除する場合、引数なしで使用することができます。

未定義の変数を KILLしても効果はなにもありません。

引数

-var1,var2,...

削除するローカル変数を指定します。

:

SET A=1,B=2
KILL A,B
SET C=3
KILL C

*ローカル変数 AとB(そしてC)が削除され、もし参照された場合は未定義(undefined)を返します。*

-:bool

オプションの真/偽式。trueの場合、killコマンドが実行されます。falseの場合、何も起こりません。

:

SET A=1,B=1
KILL:A=1 B
KILL:A=2 A

*A=1が true 評価なので、Bが削除されます。次に、A=2は falseと評価されるので、Aは削除されません。*

-ex1,ex2

オプションで、排他的なリスト(括弧内の変数リスト)が与えられます。除外リストのこれらの変数は保存されますが、他のすべての変数は削除されます。排他的なリストと引数リスト(例:KILL(A,B))は、その排他的なプロパティで無視され、現在ある変数のイベントで、それがKILLされます。

:

SET A=1,B=2,C=3
KILL (A,B)

*AとBは保持され、残りの変数 C が削除されます*

関連事項

Table Of Contents

Previous topic

IFコマンド

Next topic

MERGE コマンド

This Page

inserted by FC2 system