配列(Arrays)

解説

M言語における配列は、厳格な割り当てなしで、添字によって達成されます。それは各添字の子ノードを持つ変数として考えることができます。構造のようなものをエミュレートすることができますが、それらは、数学的なベクトル/行列ではなく、主に論理的なリレーションシップのためのものです。例の下を参照してください。

添字:

SET A=1
SET A(1)=2

WRITE A  *1*
WRITE A(1)  *2*

変数 A と A(1)は、この使用法では、完全に独立したと考えることができます。添字は任意の数に拡張できます、例えば、A(1,1) や A(2,1,3)

非整数の添字:

SET CAR="Mustang"
SET CAR("Make")="Ford"

WRITE CAR("Make")  *Ford*

今、なぜ添字がリレーションを形成するかを見てみましょう。添字は、性別、身長、国籍のような人のリレーションを可能にする文字列にすることができます。(例えば、Bob(“性別”)=”男” )

固定配列のエミュレーション:

FOR i=1:1:10 SET A(i)=10-i

WRITE A(4)  *6*

上記のコードは、A と呼ばれるサイズが10個の配列を “割り当” ています。Aの10個セルには、10-(それらのindex) が含まれています。反復のこのタイプは、 “通常” の配列構造と同様です。これは、より高い次元で行うことができます。

Table Of Contents

Previous topic

Operator Precedence

Next topic

Array Sorting

This Page

inserted by FC2 system